柳ヶ瀬画廊

柳ヶ瀬画廊

創業大正8年
熊谷守一・香月泰男・藤田嗣治など
内外洋画巨匠作品取扱の老舗画廊

   

画廊ブログ「絵画のたのしみ」

2021.11.13

《ブログ》浜田葆光と熊谷守一(愛知県美術館・常設展示室8)

いま、愛知県美術館さんで 熊谷守一先生の特集展示がひらかれています。
同時期に開催されている曽我蕭白展と同じ会期で、常設展示室8でひらかれている「木村定三コレクション 浜田葆光と熊谷守一」という特集です。熊谷先生の作品13点ほどが鑑賞できました。

熊谷守一先生というと、東京に豊島区立熊谷守一美術館が、岐阜に熊谷守一つけち記念館があることから、この2つの地がゆかりの場所として知られていると思います。

しかし、愛知県美術館さんも200点以上の熊谷作品をコレクションしていることをご存知でしょうか。愛知には 古今東西の美術品をコレクションしていた美術愛好家・木村定三さんという方がいて、3000点以上の美術品を(それも名品ばかり)愛知県美術館さんに寄贈されたのですが、そのなかに200点もの熊谷作品も含まれていました。
木村さんは熊谷芸術の熱心な支援者でしたので、初期から晩年にかけての重要な作品の多くが、愛知には収蔵されているのです。

そのご縁で、愛知県美術館では毎年熊谷特集が組まれています。
熊谷ファンにとっては年に一度の楽しみです。

今回は熊谷先生が画家として日本画を描きはじめるきっかけとなった「浜田葆光」という画家にスポットを当てた特集がひらかれていました。
浜田葆光先生は熊谷守一先生の描いた日本画に魅力を感じ、日本画の展覧会を開くようにすすめた人物です。彼の手配もあって熊谷守一日本画展がひらかれ、絵が売れるようになり、熊谷家の生活が安定して絵を落ち着いて描けるようになったので、熊谷芸術の恩人ともいえるかもしれませんね。

展覧会では、浜田先生と熊谷先生のご縁や、そこから広がる武者小路実篤先生や志賀直哉先生といった白樺派との交流、そして浜田先生の活躍した奈良画壇について、作品と資料で回顧されていました。
武者小路先生は、柳ケ瀬画廊の先代社長に熊谷先生をご紹介くださったご縁もございます。

アートだけでなく、文学や文化人の交流に関心のある方にとっても楽しめる展示だと思います。奇想の絵師・曽我蕭白の展示とあわせて、藝術の秋のお出かけにいかがでしょうか♬

***展覧会詳細***

展覧会名:木村定三コレクション 浜田葆光と熊谷守一
展覧会期:10月8日(金)から11月21日(日)まで
展覧会場:愛知県美術館
愛知県美術館・公式ウェブサイト
https://www-art.aac.pref.aichi.jp/

 

***柳ケ瀬画廊での関連展のお知らせ***

柳ケ瀬画廊でも現在、熊谷守一先生を中心とした常設展を開催しています。
熊谷作品からは、14点(油彩画2点、日本画5点、書2点、版画5点)を展覧中。
開廊日:常時(火曜、水曜休廊)
柳ケ瀬画廊・ウェブサイト:https://yanagase-web.com/

 

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2021.11.12

《ブログ》岐阜市で熊谷守一展が開催されます

昨日、岐阜市役所さんから熊谷守一展のチラシとポスターをいただきました。
来月、岐阜市主催で開かれる「~岐阜、豊島 ゆかりの地をつなぐ~ 熊谷守一展」のご案内です。柳ケ瀬画廊から徒歩10分ほどにある「ぎふメディアコスモス」さんが会場になります。

熊谷先生は3歳から17歳を、岐阜市中心地で過ごしました。
弊社のある柳ケ瀬商店街のあたりもよく歩いていたようです。その縁で岐阜市役所さんも熊谷先生の生前から作品をご所蔵されていて、2016年にも没後40年記念の熊谷守一展をひらかれています。

今回は、熊谷先生が生涯の多くを過ごし、豊島区立熊谷守一美術館さんもある東京都豊島区さんとの交流展だそうです。作品20~30点ほどのほか、貴重な遺品や、関連作家の展示もされると伺いました。

会期中には、記念対談会や、熊谷先生の晩年をモチーフにした映画「モリのいる場所」の上映会も開かれるそうです。コロナの影響で事前申込が必要ですので、気になる方は本ブログ下部に掲載の岐阜市役所ウェブサイトや、弊社店頭でも配布しているチラシをご確認くださいませ。

関連イベントのひとつ「トークイベント 熊谷守一の魅力~その作品と人物」では、前の岐阜県美術館の古川館長のトークの際に、弊社の市川が聞き手としてお話もさせていただく予定です。
熊谷先生のファンのひとりとして、多くの熊谷守一展を企画され、熊谷守一先生に関する著書のご執筆もされている古川先生のお話を伺えることがとても楽しみです。
お時間ございましたらご参加になってみてくださいませ。

***展覧会詳細***

展覧会名:~岐阜、豊島 ゆかりの地をつなぐ~ 熊谷守一展
展覧会期:12月4日(土)から12月19日(日)まで
展覧会場:ぎふメディアコスモス1階 みんなのギャラリ―
岐阜市・公式ウェブサイト
https://www.city.gifu.lg.jp/kankoubunka/event/1005353/1013403.html

 

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2021.11.08

作品のご紹介:小杉小二郎 パリ風景

昨日は展覧会最終日ということで、
たくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました。

本日は画廊展示替えで
画廊内を可愛らしい作品で展示替えいたしました。
ご自宅で気軽にアートを楽しんでいただきたくて、
ウィンドゥには 小杉小二郎先生のリトグラフ作品「パリ風景」(5タイプ・各1点限)、
画廊内には 熊谷守一先生のシルクスクリーン作品「豆に蟻」(1点限)も展示いたしましたので、ぜひご覧くださいませ。

コロナで自宅で過ごす時間をより楽しく、アートと共に (^^♪

柳ケ瀬画廊 市川たけよ

2021.11.08

柳ケ瀬画廊 常設展(11月)

昨日、「文化の日 熊谷守一・香月泰男展」が会期を満了いたしました。
たくさんのお客様にお出かけいただき、改めておふたりの人気を感じました。
皆さまに改めて厚く御礼申し上げます。

本日からは、柳ケ瀬画廊では「常設展」をひらいています。
飾り替えをしながら、常時、12点ほどの作品を展示する予定です。

次の企画展は、「熊谷守一・五味太郎 小さな生きもの版画展」を予定しています。
11月25日から12月19日、年末に開催の予定です。熊谷先生と五味先生の絵本に登場する 生きものを中心に、版画作品を15~20点ほど展示しようと思っています。柳ケ瀬画廊の絵本の関連展としては、2001年開催の「ボローニャ国際児童図書賞受賞記念 金森宰司 絵本原画展」以来ですので、今から私たちも開催を楽しみにしています。

クリスマス前にご自身のお楽しみに、そしてプレゼントにもいかがでしょうか。
皆さまのお出かけをお待ちしています。

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2021.11.04

《ブログ》波濤を越えて 鑑真和上と美濃の僧・栄叡(岐阜市歴史博物館)

いよいよ11月、芸術の秋を迎えましたね。
柳ケ瀬画廊で開催中の「文化の日 熊谷守一・香月泰男展」も、気候の良さもあってお越しいただくお客様が増えてまいりました。このままコロナが落ち着いて、よい秋になるといいですね。

さて、今回のブログは岐阜市内でひらかれている美術展のご紹介です。
先日、岐阜市歴史博物館さんでひらかれている「波濤を越えて 鑑真和上と美濃の僧・栄叡」展に出かけてまいりました。同館のある岐阜公園さんでは「菊人形・菊花展」もひらかれているため、多くの方で賑わっていました。

仏像や経典というと、普段、柳ケ瀬画廊で取扱っている近代絵画とは異なるジャンルです。
そのため私自身も詳しいジャンルではなかったのですが、当時の時代背景や、唐招提寺、鑑真和上、栄叡の関係性が丁寧に説明されていたので、とても分かりやすく楽しむことができました。

鑑真和上は、当時の日本が鎮護国家、仏教の力で国を支えていく時代だったことから、正しい仏教の姿を日本に伝えて欲しいと請われて5度の航海失敗、失明を乗り越えて来日した僧侶です。
もっとお若い方かと思っていましたが、日本行きの決意をしたときにはもう50歳を越えていたのですね。高位で、唐の人々にも中国に残って欲しいと思われるような人物であったと紹介されていて、よく数か月の船旅を決意して日本に来てくれたものだなと驚かされます。

また、その鑑真和上の元に 来日の依頼に出かけた人物が、美濃出身の栄叡という方だったということを勉強不足で初めて知りました。
日本から唐まで数か月の命がけの旅をし、唐でも賊と間違えられたり、多くの人に慕われていた鑑真和上を唐の国から連れ出そうとした悪い人物だとして牢に繋がれたり、苦労続きの様子が会場パネルで説明されていました。こんな方が岐阜にいたのですね。

出品作品では、国宝「伝衆宝王菩薩立像」、重要文化財「十一面観音立像」「東征伝絵巻」など、国宝重文がいろいろと鑑賞できます。「伝衆宝王菩薩立像」は2019年に国宝に指定されたばかりですね。それまでの日本の仏像の様式とは明らかに違っていることから、鑑真和上が伴った工人の関与があったのではないかといわれている作品です。たしかにお顔や衣が随分と違いますね。

絵画では、加藤東一先生の栄叡像も展示されていました。
東一先生と栄叡との間には千年以上の隔たりがあるため、資料集めに苦心されたようです。井上靖の小説『天平の甍』をもとにイメージを膨らませて描いたと解説がされていました。

岐阜で唐招提寺をはじめとする各所像の国宝重文の作品が鑑賞できる貴重な機会です。
芸術の秋のお出かけにいかがでしょうか(*^^*)

 

***展覧会詳細***

展覧会名:波濤を越えて 鑑真和上と美濃の僧・栄叡
展覧会期:10月8日(金)から11月23日(火・祝)まで
展覧会場:岐阜市歴史博物館(岐阜公園内)
岐阜県美術館・公式ウェブサイト
https://www.rekihaku.gifu.gifu.jp/

***

展覧会名:文化の日 熊谷守一・香月泰男展
展覧会期:10月7日(木)から11月7日(日)まで(火曜水曜休廊)
展覧会場:柳ケ瀬画廊(岐阜市柳ケ瀬通3-21)
柳ケ瀬画廊・公式ウェブサイト
https://yanagase-web.com/

 

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ