柳ヶ瀬画廊

柳ヶ瀬画廊

創業大正10年
熊谷守一・香月泰男・藤田嗣治など
内外洋画巨匠作品取扱の老舗画廊

ブログ「絵画のたのしみ」

2019.07.19

《作品紹介》鴨居玲 油彩画

7月は 熊谷守一作品がたくさん入りました。

熊谷守一 斎藤茂吉短歌 書 「みずすまし」、熊谷守一  書「雪月花」、熊谷守一 パステル 「ぢぞをそん」、 などなど とても良い作品が揃いました。

また、今月は 鴨居玲先生 油彩画作品9点、藤田嗣治 油彩画  他
大家巨匠作品の買取のご依頼を多くいただき 取り扱わせていただきました。

以前《買取》させていただいた方からのご紹介のお客様も多く
ご信頼いただけてありがたいです。

8月恒例の 《お盆秀作作品展》は充実した展覧会となります。

柳ケ瀬画廊は7月23日から7月31日の間 夏のお休みをいただきます。

梅雨明けの、 8月8日からの展覧会にぜひお越しくださいませ。

市川たけよ

 

 

2019.07.18

静岡県立美術館「熊谷守一展」

静岡県立美術館さんから、
「熊谷守一 いのちを見つめて」展のチラシが届きました。

8月2日(金)から9月23日(月・祝)、
会期中にはギャラリートークや講演会などさまざまな企画も開かれているそうです。

美術館ホームページリンク http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp

チラシ表紙の「きんけい鳥」は、神奈川県立近代美術館さん所蔵油彩画です。
ビビットなイエローやレッドなど、色の組み合わせも魅力の作品ですね!
なかなか展覧会に出てこない作品でもあるので、今回鑑賞できることが楽しみです(*^^*)

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2019.07.13

没後50年 坂本繁二郎展

明日から、練馬区立美術館さんにて、「没後50年 坂本繁二郎展」がはじまります。

本日、同展の開場式がおこなわれました。
弊社も作品をお貸出しさせていただいております展覧会です。
そのため、楽しみに開場式と内覧会にお邪魔してまいりました。

3つある展示室には、初期から晩年までの約140点が紹介され、
各年代の代表作が一堂に会しておりました。

また、坂本繁二郎を代表する「牛」「馬」が多数紹介されているだけでなく、
「月」「能面」のモチーフも揃っており、特集展示されています。
これほど多くの月モチーフ、能面モチーフが揃っているのは私は初めて拝見しましたし、
能面については、画家の遺品の能面の実物も展示されていて、充実の内容でした。

坂本繁二郎ファンの方も、まだ坂本作品をあまり見たことがない方も、
ぜひお時間ございましたらお出かけくださいませ。
これほど充実した坂本繁二郎展はなかなか見られないと思います(*^^*)

練馬区立美術館さんウェブサイト https://www.neribun.or.jp/museum.html

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

 

2019.07.11

《作品紹介》川合玉堂 鵜飼

夏の展覧会に向けて、巨匠逸品の作品を買い揃えています。

川合玉堂先生 「鵜飼」共箱 逸品が入りました。

構図は 川の流れのに 舟が描かれて

鵜匠さんが 多くの鵜を巧みに操る様子が、篝火の美しさの中で表現されています。

お時間がございましたら ご覧くださいませ。

 

市川たけよ

2019.07.07

《作品紹介》藤田嗣治 油彩画 ネコ

夏の展覧会に向けて 作品が揃ってまいりました。

今日も 熊谷守一先生の「ぢぞをそん」の素敵な作品を買い入れました。

 

本日のご案内は 藤田嗣治 油彩画 ネコ です。

ネコと可愛い女の子の油彩画作品です。

女の子の白いエプロンに ネズミの絵が描かれているのが

藤田先生のお茶目なところでしょうか。

画面にフランス語でネコの綴り chat と記されています。

夏の展覧会の案内状写真に予定していますので お楽しみに。

 

余談ですが、このフランス語の ネコの「シャー」という語は

怒った時の鳴き声から来ているのかなと 学生のころからの疑問です。

我が家のネコは本気で怒ると 二本足で起立して 毛を逆立て 大口を開けて

「シャー」と威嚇します。 フランス語が話せるネコ。。です。。

そういえば、美味しいお菓子「ラング・ド・シャ」って

日本語にすると「猫の舌」なのをご存知でした?

ラングドシャのクッキーは 猫の舌のように小さめでちょっとザラッとしてますよね (#^.^#)

ラングドシャをいただくときは、ネコとキスしてるイメージですね。

 

美術愛好家の皆様

お時間がございましたら 作品がたくさん揃いつつある 柳ケ瀬画廊にお出かけください。

 

市川たけよ

 

カテゴリー

アーカイブ