柳ヶ瀬画廊

柳ヶ瀬画廊

創業大正8年
熊谷守一・香月泰男・藤田嗣治など
内外洋画巨匠作品取扱の老舗画廊

ブログ「絵画のたのしみ」

2021.02.07

《ブログ》アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展

多治見にある岐阜県現代陶芸美術館さんに出かけてまいりました。
「アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展」が開催中です。

岐阜県現代陶芸美術館さんの高橋館長は、
ワイエス研究の第一人者のひとりとして知られている方です。
そのため、本展でもワイエスの紙の作品が34点も展示されていました。展覧会の入口にはオルソンハウスのミニ模型も置かれていて、ワイエスの世界を楽しめます。

また、この展覧会は埼玉にある「丸沼芸術の森」のコレクションで構成されています。
「丸沼芸術の森」は、株式会社丸沼倉庫オーナーの須崎勝茂さんが1985年に設立した個人美術館。須崎さんは自身も陶芸をたのしむ方で、作陶にあたり良い作品を多く見ようと各所をまわっていた際に岐阜の加藤孝造さんと出会い、その後300点もの作品をコレクションしています。

そのため、この展覧会にも加藤さんをはじめ、多くの岐阜の陶芸家の作品が展示されていました。地元出身の私たちには特に楽しい展覧会だと思います。

また、「丸沼芸術の森」は陶芸家だけでなく画家の支援もおこなっています。
上のお写真OKのお部屋に展示されていた入江明日香さんもそのひとりです。

ひとりのコレクターの方がひとりで集めたコレクションは、公立の美術館とは異なり、コレクターの趣味や考えが伝わってきます。展覧会にお出掛けの際は、コレクターになりきって、自分だったらどの作品を買ってどのように飾ろうかと思いながら展示室を歩いても楽しそうです。

岐阜県現代陶芸美術館さんの「アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展」は3月14日までの開催です。

 

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2021.01.30

《ブログ》ロートレックとその時代 展

雪明けの岐阜県美術館さんに出かけてまいりました。
前庭のマイヨールの裸婦もなんだかとても寒そうです。

岐阜県美術館さんのお目当ては、本日はじまった「ロートレックとその時代」展です。
東京の三菱一号館美術館さんが世界有数のロートレックコレクションで知られていますが、いま、その作品群が岐阜に来ています。

展示室は、パリの街並みを再現したような素敵な空間でした。
ロートレックだけでなく、三菱一号館美術館さんが所蔵しているモネやルノワールの油彩画、黒田清輝や梅原龍三郎といった洋画家の作品、山本芳翠や北蓮蔵といった岐阜ゆかりの画家の作品がたくさん展示されています。

個人的には大好きな坂本繁二郎の初期代表作「うすれ日」が展示されていたことが嬉しかったです。
当時、夏目漱石が評価し、坂本繁二郎を一躍有名にした油彩画です。

 

この展覧会にあわせて柳ケ瀬画廊でも、ショーウインドウでロートレックの作品を展示しています。
美術館の展示室で調光された光のもとで見るロートレックも素敵ですが、ロートレックといえばパリの街並みを芸術的に彩ったポスター作品で知られる画家です。
自然光のなかで見るロートレックもぜひお楽しみにお立ち寄りくださいませ。

柳ケ瀬画廊のロートレック作品は、岐阜県美術館さんの「ロートレックとその時代」展の最終日の3月14日まで展示予定です。

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2021.01.28

《ブログ》映画 モリのいる場所

お先週から、アマゾンプライムさんにて、「モリのいる場所」が無料配信されています。

アマゾンプライム会員は500円で
送料無料+ビデオ配信無料+音楽配信無料+本 他
様々なサービスが無料で使えるので気に入っています。

但し 無料期間が終わってしまう事もありますので、今日現在は有料となってしまっている場合もございますのでご確認ください。

国内外の著名な芸術家の生涯を描いた映画作品はたくさんありますので
ステイホームの今、楽しまれてはいかがでしょうか。

柳ケ瀬画廊 市川たけよ

 

2021.01.22

《作品紹介》ピカソ 版画作品

ピカソ  版画作品が入りました。

図柄がとても良い作品です。
限定数は50部、自筆サイン入です。
額縁も上品な最高級額縁です。

ピカソをお探しのお客様は多いと存じますので、お声がけくださいませ。

市川たけよ

2021.01.21

《ブログ》愛知県美術館さんにて熊谷作品展示

愛知県美術館さんのコレクション展(常設展)に 熊谷作品がまとまって展示されています。

***
愛知県美術館 第4期コレクション展
2021年1⽉15⽇(⼟)~4⽉11⽇(⽇)

「展示室7 熊谷守一と仙厓 新年のお祝い」
「展示室8 木村定三コレクション 木村定三 利休流無作法茶会」
***

展示室7では、熊谷先生のひらがなの書「からす」「すゞめ」「かみさま」が展示されているそうです。
熊谷作品のファンとして知られる白洲正子さんがご所蔵のひらがなの書「ほとけさま」をとても大切にされて、エッセイやインタビューでよくお話になっていたこともあり、また、熊谷先生がからすの「か」とかきの「か」は違うと話していたように字にも魅力があるため、熊谷先生のひらがなの書にはファンが多いです。
柳ケ瀬画廊にもぽつりぽつりとお問合せをいただくことがございます。

展示室8では熊谷先生が絵付けをした茶器などが展示されているようです。
愛知県の瀬戸を訪れたこともある熊谷先生は、お茶碗や壺に絵付けや字をかいた作品をのこしています。柳ケ瀬画廊でも扱うことがありますが、釉薬の質感が熊谷作品を華やかにしてくれて、油彩画とも日本画とも異なる魅力があります。
先日も富士山を描いたお皿を扱いましたが、コレクターの方がお求めになられました。

ひらがなの書も、陶器作品も、人気のため現在在庫はございませんが、
もしお気になられましたら入荷しましたらご連絡申し上げることも可能です。
よろしければお知らせくださいませ。

いろいろな熊谷作品が見れる愛知県美術館さんのコレクション展、
新型コロナウイルス感染症の影響で外出自粛が続きますが、4月までの長い会期の展示ですので機会がありましたらぜひ。

詳細は下記愛知県美術館さんのウェブサイトをご覧くださいませ。
https://www-art.aac.pref.aichi.jp/exhibition/000320.html

 

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ