柳ヶ瀬画廊

柳ヶ瀬画廊

創業大正8年
熊谷守一・香月泰男・藤田嗣治など
内外洋画巨匠作品取扱の老舗画廊

ブログ「絵画のたのしみ」

2021.02.21

《作品紹介》熊谷守一 蟻

熊谷守一先生「蟻」木版画が入りました。

熊谷守一生前版画のなかでも《五百旗頭欣一・一柿木版社 工房》版画作品は
紙も特別な厚みのある手すき和紙で制作されていますので、温かみを感じます。

「蟻」の版画作品は猫の図柄よりも少なく 入手が難しい作品です。
刷りも保存状態もとても良いです。

お探しの方がいらっしゃいましたら お声がけくださいませ。

市川たけよ

2021.02.20

《お知らせ》熊谷守一カレンダー完売いたしました

ご好評につき 弊社分「熊谷守一カレンダー2021年版」が完売いたしました。

熊谷守一先生の作品を月替わりで12作品楽しめると人気のカレンダー、
毎年、熊谷先生の猫の油彩画が目印です。
2012年に発売されてから ロングセラーでもう10年目になるそうです。

柳ケ瀬画廊の店頭では残念ながら完売してしまいましたが、
発売元の求龍堂さんにはまだすこし残部があるようです。

お求めの方は求龍堂さんまでお問合せくださいませ。
(入れ替わりで完売の場合もございます。お早めにお問合せください。)

求龍堂「熊谷守一カレンダー2021年版」通販・紹介ページ
https://www.kyuryudo.co.jp/shopdetail/000000001911/

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2021.02.19

《作品紹介》熊谷守一 おひなさま

2月の「節分」が過ぎ、3月といえば「ひな祭り」
熊谷守一先生 シルクスクリーン作品 おひなさまの図の「折雛」作品が入りました。
50年以上前の作品ですので、やけで 赤色と黄色が薄くなっているのが残念です。
直射日光があたりますと 黄色・桃色はどうしても薄くなりやすいです。

お正月が過ぎますと、「折雛」作品のお尋ねがございますが なかなかお探しができませんでした。
木地の額縁に入れましたので、控えめで上品な雰囲気です。

スーツから着物に着替えるように
お部屋の絵画を掛け替えるだけで がらりと佇まいが変わるのが 楽しいです。

お探しの方がいらっしゃいましたら お声がけくださいませ。

市川たけよ

 

2021.02.18

《ブログ》雪のなか開廊中です

本日の岐阜市は朝から牡丹雪が舞っていました。
柳ケ瀬画廊からほど近い、商売の神様・金神社さんも雪化粧をしています。
岐阜市内でここまで降るのは久しぶりでございますね。

柳ケ瀬画廊では通常通り開廊しております。
常設展にて国内外油彩画作品を紹介中です。
お足元の悪いなかではございますがすが、よろしければお出かけくださいませ。

皆さまのご来廊を心よりお待ちしております。

 

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2021.02.15

《ブログ》市役所前にドナテッロ

市役所に出かけた帰り、
時間があったので以前から気になっていたライオン像を見てきました。
岐阜市役所前のバス停の後ろにあるライオン像です。

高い台の上にライオンが鎮座しています。
プレートを見るとドナテッロ《マルゾッコ像》と書かれていました。
姉妹都市フィレンツェから贈られたそうです。

オリジナルはヴェッキオ宮殿に置かれている彫像でしょうか。
初期ルネサンスの彫刻の名手が身近に感じられる場所にあって驚きですね。

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ