柳ヶ瀬画廊

柳ヶ瀬画廊

創業大正10年
熊谷守一・香月泰男・藤田嗣治など
内外洋画巨匠作品取扱の老舗画廊

ブログ「絵画のたのしみ」

2019.04.29

GW休廊のお知らせ(4/30-5/8)

柳ケ瀬画廊では、誠に勝手ながら下記期間をゴールデンウィーク休廊とさせていただきます。

4月30日(火)から5月8日(水)

連休明けは、5月9日から通常営業に戻らせていただきます。
次回展覧会は、5月25日より「熊谷守一  生前制作  版画展」を開催の予定です。

よろしくお願いいたします。

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2019.04.20

群馬県立館林美術館にて「熊谷守一 いのちを見つめて」展

本日、群馬県立館林美術館さんにて「熊谷守一 いのちを見つめて」展がはじまりました。
猫や蟻、蝶、花といったモチーフの油彩画を中心に、
年代別かつモチーフごとにゆるやかにまとめられた約160点が展示されています。

展覧会も魅力的ですが、群馬県立館林美術館は美しい建築で知られる美術館でもあります。
第一工房で代表をつとめていらした高橋てい一氏の晩年の傑作で、
周囲の景色と一体になった気持ちのいい建物です。
高橋氏はこの群馬県立館林美術館の設計で、2004年に村野藤吾賞も受賞しています。
私が出かけた日も、周囲で気持ちよさげにピクニックをしている親子連れの姿が見られました。

会期中には講演会や解説会をはじめ、お子さん向けのイベントもいろいろと企画されています。
春のお出かけにぜひいかがでしょうか。

群馬県立館林美術館さんのウェブサイトはこちら http://www.gmat.pref.gunma.jp/

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2019.04.13

熊谷守一秀作展(4/13-4/29)

本日より、柳ケ瀬画廊では春恒例の「熊谷守一秀作展」を下記の通りはじまりました。

4月13日(土)-28日(日)
10:00 – 18:00 / 火曜・水曜休廊

今年は、二種類の薔薇の油彩画をはじめ、小さな花々や生きものの日本画や書がそろいました。
展示点数は14点(会期中変更あり)です。
皆さまの御清鑑を心よりお待ち申し上げております。

また、今月からは下記公立美術館における熊谷守一回顧展も企画されています。
約160点ほどの油彩画・日本画のほか、遺品類などが展示されるとのことです。
弊社からも作品の出品協力をさせていただきました。
こちらもぜひお出かけくださいませ。

「熊谷守一 いのちを見つめて」展
群馬県立館林美術館 4月20日~ 6月23日
静岡県立美術館 8月2日~ 9月23日
岡山県立美術館 9月28日~ 11月4日
久留米市美術館 11月16日~翌1月13日

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2019.04.13

じゅうろくてつめいギャラリーにて「小笠原宣・荻下丈 二人展」

今年も春恒例の「ぎふの画廊めぐり」の季節を迎えました。
本企画は、弊社を含めた岐阜の画廊・美術施設が「ぎふをまるごと美術館に」をキーワードとして行っているイベントです。

同時期に加盟画廊・美術施設が企画展をおこない、共通の無料リーフレットを配布することで、多くの方にアートによるまちあるきで岐阜の魅力を知っていただこうと続けています。
1997年にはじまった本企画も、今年で第25回目、22年目を迎えます。

詳しくは下記タウンミュージアム公式ウェブサイトをご覧くださいませ。
https://town-museum-gifu.com/

***

さて、今年は岐阜市内の「じゅうろくてつめいギャラリー」さんが初参加されています。
地元の十六銀行さんが管理されている施設で、元々は「十六銀行徹明支店」として親しまれていた古い建物をギャラリーにされています。

こちらで本日から弊社も協力している展覧会「旅の途中でジョーくんと出会った 小笠原宣・荻下丈 二人展」がはじまりました。
小笠原さんは弊社でも何度か個展を開催させていただいている洋画家です。画壇の芥川賞と呼ばれる「安井賞」を受賞されたことでご存知の方も多いのではないでしょうか。
本展では、小笠原さんが、まだ中学生ながら県展で二部門入選もした荻下さんとコラボレーションした展示がおこなわれています!

小笠原さんは荻下さんに刺激をうけた瑞々しい表現を、
荻下さんは初めてとなる立体の円筒形の作品を発表されます。

弊社から歩いてほど近いギャラリーです。
お時間ございましたらぜひお出かけください。展示は28日まで。会期中無休です。

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2019.04.12

吉川英治文化賞

昨日、第52回吉川英治文化賞の授賞式が帝国ホテルでおこなわれました。
昭和42年より吉川英治文学賞とともに、講談社さんが後援されている文化賞です。

文化活動に貢献した人物および団体を顕彰するために、これまでも多くの方が取り上げられてきました。

今回、その吉川英治文化賞に美術修復家の小谷野匡子さんが選ばれました。
藤田嗣治などの修復でも知られる修復家の方です。

修復というお仕事は表立って取り上げられることが多くはないですが、湿度が高く、独特の症状が起きやすい日本において、作品を保存・保全するためには欠かすことのできないお仕事です。
そうした縁の下の力持ちの方に、ライトが当たって嬉しい受賞ですね。

小谷野さんのつくられた「絵画保存研究所」ウェブサイトでは、過去の修復例や講義資料も公開されています。
ご所蔵の作品の取り扱いや、修復のお仕事に興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか(*^^*)

絵画保存研究所ウェブサイト
http://www.artconservation.co.jp/

 

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

カテゴリー

アーカイブ