柳ヶ瀬画廊

柳ヶ瀬画廊

創業大正8年
熊谷守一・香月泰男・藤田嗣治など
内外洋画巨匠作品取扱の老舗画廊

展覧会のご案内

2022.04.01

ぎふゆかりの作家たち 熊谷守一・篠田桃紅展(4/1~4/24)

本日より春恒例の企画展がはじまりました。
今年は「ぎふゆかりの作家たち 熊谷守一・篠田桃紅展」です。

熊谷作品からは猫や蛙、つつじなどを描いた8作品を、
篠田作品からは前衛書から抽象作品まで11作品を展示しています。

久しぶりの「ぎふゆかりの作家たち」展です。

熊谷先生は岐阜県中津川市のご出身で、同地に「熊谷守一つけち記念館」という美術館があります。3歳から17歳を岐阜市で過ごし、お父様が岐阜市の初代市長をつとめた方でもいらっしゃるので、岐阜市ともゆかりのある方です。

篠田先生はお生まれは満州ですが、お父様の故郷が岐阜県関市ということで同地に「関市立篠田桃紅美術空間」という美術館があります。また、関市内にある「岐阜現代美術館」は国内最大の篠田桃紅コレクションや調査研究で知られています。

ゆかりがあり、市民の方たちにも馴染みのある両作家の展覧会です。
お時間ございましたらぜひお出かけくださいませ。
皆様のご清鑑を心よりお待ちしております。

 

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2022.02.26

アートフェア東京2022 熊谷守一・篠田桃紅展/林孝彦展(3/10~3/13)

今年も「アートフェア東京」の季節が近づいてまいりました。
3月10日から13日にかけて、柳ケ瀬画廊もN008ブースに出展予定です。

今年は「熊谷守一・篠田桃紅展」「林孝彦展」を開催いたします。

「熊谷守一・篠田桃紅展」では、両作家の肉筆作品15点を展覧いたします。
ともに岐阜にゆかりがあり、岐阜県内に美術館があるため馴染みの深い作家です。
小品から8号大の額から、軸まで、飾りやすい作品をご紹介いたします。

「林孝彦展」では、新作2点を展覧いたします。
長年未発表の状態で手元に置き、折々で手を加えてきた2点の作品です。
ヴェラム(仔牛皮)にペンで表現され、画面のあちこちにペンを加えた際に情報が描き留められている作品です。

皆様のご清鑑を心よりお待ちしております。

***フェア詳細***

展覧会名:アートフェア東京2022 熊谷守一・篠田桃紅展/林孝彦展
展覧会期:3月10日(木)から3月13日(日)まで
展覧会場:東京国際フォーラム N008ブース
柳ケ瀬画廊・公式ウェブサイト
https://yanagase-web.com/

アートフェア東京・公式ウェブサイト
https://artfairtokyo.com/

 

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2022.01.06

新春逸品展(1/6~1/30)

本日より新年恒例の「新春逸品展」をはじめさせていただきました。
今年は近現代の画家16名の19作品を展覧しています。

出品作家は下記の通りでございます。

《出品作家(敬称略・順不同・追加変更有)》
熊谷守一  黒田清輝   梅原龍三郎  中川一政
三岸節子  絹谷幸二   舟越桂    元永定正
里見勝蔵  須田国太郎  山口薫    山口長男
麻生三郎  脇田和    難波田龍起  浅野弥衛

近代画家からは、中川一政の薔薇をはじめ、黒田清輝、梅原龍三郎、三岸節子らの油彩画作品が揃いました。現代画家からは、舟越桂のドローイング2作品、浅野弥衛の油彩画とパステル画などを展覧しています。

新年のはじまりに、画廊で重厚な近現代洋画に囲まれると身が引き締まるような気がします。
また、それぞれの画家 ”らしい” 心惹かれる作品が揃っています。
お時間ございましたらぜひお出かけくださいませ。

皆様のご清鑑を心よりお待ちしております。

***展覧会詳細***

展覧会名:新春逸品展
展覧会期:1月6日(木)から1月30日(日)まで
展覧会場:柳ケ瀬画廊(岐阜市柳ケ瀬通3丁目21番地、髙島屋北)
柳ケ瀬画廊・公式ウェブサイト
https://yanagase-web.com/

 

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

最近の展覧会

アーカイブ