柳ヶ瀬画廊

柳ヶ瀬画廊

創業大正8年
熊谷守一・香月泰男・藤田嗣治など
内外洋画巨匠作品取扱の老舗画廊

展覧会のご案内

2022.08.11

【開催中】8月の常設展のご案内

画廊の改装工事も無事終わり、本日8月11日から通常営業となりました。
壁紙も床もフカフカになり、お客様にもゆったりと絵画を鑑賞いただけるかと存じます。

新しい壁に、ビュッフェの油彩画を2点展示いたしました。どちらも静物画です。
熊谷守一・北川民次・三岸節子・里見勝蔵など、巨匠作品を展示いたしております。
お時間がございましたらお出かけください。

余談ですが
画廊の展示が終わってのんびりしておりましたら、いつも工事をお願いしている工務店の方がいらして少しお話をされていかれました。その方は寡黙で真面目な職人気質の方です。
3年前に突然重い血液の病気を患い、コロナ禍2年間の闘病生活をされていました。
当初は病院のベッドで、何も役に立たなくなってしまった自分に落ち込んでいらしたそうです
そんなとき、ふと「病院で出される食事を描いてみよう」と思い付き、
「誰の役にも立たなくなってしまったけれど、自分の楽しみを見つけて一日一日を生きてみよう」と一日一枚絵を描き続けたそうです。

最初は簡単な人参や豆の絵でしたが、次第に食事以外の花や風景も描くようになり、描くことが楽しみになってきたそうです。
幸いなことに、病気は寛解となり元の職場に戻られました。

病気になる前は絵には全く興味が無かったそうです。
画廊の絵を鑑賞しながら「絵には不思議な力があるんですね。この山口薫の小鳥の作品は特に心惹かれます。」と話されました。
「絵画を描いたり鑑賞することは 生きる楽しさや力をもらえる気がします。自分も楽しみながら人生を過ごしていこうと思うようになりました」と話して帰られました。
ゆっくり穏やかに話された言葉が胸に残りました。

 

柳ケ瀬画廊 市川たけよ

最近の展覧会

アーカイブ