柳ヶ瀬画廊

柳ヶ瀬画廊

創業大正8年
熊谷守一・香月泰男・藤田嗣治など
内外洋画巨匠作品取扱の老舗画廊

展覧会のご案内

2024.02.15

《予告》「アートフェア東京2024」に出展いたします

2月は近現代絵画の常設展を開催しています。
随時作品を入れ替えながら15~20作品ほどを展示中です。
岐阜近郊にお越しの際はぜひお出かけくださいませ。

また、3月には毎年恒例の「アートフェア東京」に出展いたします。
東京国際フォーラム(JR有楽町駅すぐ)で開催される、国内最大規模のアートの祭典で、国内外のギャラリ―100社以上が参加します。3月8日(金)から10日(日)の3日間の開催です。

柳ケ瀬画廊のブース番号は「N009」です。
「熊谷守一秀作展」として、油彩画5点をはじめ、
熊谷先生の日本画・書、同時代の近代画家の作品等を展示予定です。

フェア詳細は下記の公式サイトをご覧くださいませ。

《アートフェア東京2024公式サイト》
https://artfairtokyo.com

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2024.02.01

2月の常設展

本日から2月ですね。
2月の柳ケ瀬画廊は近現代絵画の常設展示を行っております。
火曜水曜の休廊日以外は、11時から17時まで営業中です。
お近くを通られましたらぜひお出かけくださいませ。

2月の岐阜市はまだまだ寒さを感じつつも、近くの梅林公園さんを通りがかりましたら蠟梅が香りよく咲いていて春の足音を感じました。早くあたたかくなっていくと嬉しいですね(*^^*)

画廊でも飾っている「熊谷守一カレンダー2024」も今月は油彩画《梅》の図柄でした。
愛知県美術館木村定三コレクションになっている作品です。
1956年の作品ですので、熊谷先生が76歳のときの制作ですね。
この頃は揺り戻しのように過去の表現方法と新しいモリカズ様式の表現とが混ざっている時代で、この作品も画面構成はモリカズ様式のようですが、モリカズ様式で用いられる赤鉛筆の線ではなく赤色の油絵具の線で描かれています。線がどっしりしているので梅の生命力が伝わってくるようです!

この「熊谷守一カレンダー2024」は柳ケ瀬画廊分は既に完売してしまいましたが、販売元の求龍堂さんのオンラインストアにはまだ残部があるようです。
毎月熊谷守一先生の作品と共に過ごせる素敵なカレンダーです。
お気になられる方はぜひアクセスしてみてくださいませ。

《求龍堂さんの「熊谷守一カレンダー2024」販売ページ》
https://www.kyuryudo.co.jp/shopdetail/000000002182

 

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

2024.01.11

新春逸品展(1/11~1/29)

本日より柳ケ瀬画廊では「新春逸品展」がはじまりました。
新年恒例の巨匠・大家の逸品展です。

今年は油彩画・日本画・書の名品が様々に揃いました。
15点ほどを展覧しております。

本年も皆さまの御清鑑を心よりお待ちしております。
どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。

《主な出品作家(敬称略・順不同・追加変更あり)》
熊谷守一 / 坂本繁二郎 / 中川一政
香月泰男 / 川合玉堂  / 山口薫
麻生三郎 / 牛島憲之  / 鳥海青児
中村正義 / 加藤東一  / 前田青邨
篠田桃紅   ほか

柳ケ瀬画廊 市川瑛子

最近の展覧会

アーカイブ